O脚改善方法TOP > メニュー > O脚を放置

O脚を放置したら?

 
O脚を治さずにそのままにしている人も多いのではないでしょうか?

もし、将来の事を考えているのなら早めにO脚を治すことをお勧めします。

その理由は、放置すると変形性膝関節症の原因になることがあるからです。


O脚を放置した男性の画像



変形性膝関節症とは?


変形性膝関節症とは、膝の軟骨がすり減る病気の事。

この病状が進行すると骨と骨がぶつかるようになり、結果、炎症や変形を引き起こし、膝に強い痛みを感じます。

動かすだけでも激痛を伴うので、歩行が困難になり、悪化させると立ち上がる事もできなくなります。


O脚の人は重心が偏っている為、膝の内側にある軟骨が減りやすく、放置することで内側の骨がぶつかり合い、変形性膝関節症になる可能性が高いです。

一度すり減ってしまった軟骨は自然に戻るものではありません。

なので、病院で治療をするしかないのです。

O脚を治すのが遅れるほど、変形性膝関節症を発症リスクが高まってしまいます。

万が一、変形性膝関節症になると日常生活に大きな支障をきたす為、早めの段階でO脚を治すようにしてください。
短期間で簡単にO脚を治すストレッチ!
O脚を治したいけど整体などに通ってお金はかけたくない、ネットや本に出ていたO脚改善方法を試したけど効果がなかった、とお悩みのあなたに、簡単なストレッチ方法をご紹介します。